4/20の活動風景

今日は金曜日ということでみんな疲れていたようです。

今日の出来事を率直に言うと英語のレッスンが崩壊しました。
(写真を撮る余裕がありませんでした・・)

◆振り返り
英語のレッスン時間をもともと1時間予定していました。
慣れない5限で疲れているのでおやつの時間に子どもの様子を見ながら、どれくらいなら頑張れそうか?
を考えていました。45分は頑張れそうだったので、
「今日は45分頑張ったらモーリス先生と遊ぼうか?」と聴いてみると…
それでもやらないといった不満の声が出て対応に時間がかかり、なかなか開始できませんでした。
時間だけが過ぎるという状況なので妥協して30分頑張ることを子どもたちに約束させたところ、10分くらいで約束を破り、モーリス先生の授業を邪魔し始める子もでました。
そこで初めて怒鳴りました。その後何名かだけと授業をするという形で今日は終えました。

その後の1on1で子どもたちの話を聞くと、
「英語よりももっと遊びたい」
「もっと英語をちゃんと学びたい」
という大きく2つの声があったので、
・学びたい子の学ぶ権利をきちんと尊重したい
・英語を学ぶことを押し付けて嫌いになって欲しくない

といった観点で当面は
・レッスンを行う場を変える
・やる気がある子と遊びたい子にグループを分けてレッスンを行う
・体力的に集中力が持続する25-30分に短縮し英語での成功体験を増やす
といった方針でいきたいと思います。

関連記事

  1. 9/6の活動風景

  2. 8/31の活動風景

  3. 10/12の活動風景

  4. 6/26の活動風景

  5. 7/30の活動風景

  6. 4/18の活動風景

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP