6/24のお役立ち情報

今日は水曜の1on1の対話で使っている” POINTS OF YOU® “につい解説ブログ記事をご紹介します。(今までは断片的な紹介しかできなかったので)

今日紹介するのは POINTS OF YOU® の日本のコミュニティリーダーのホラノコウスケ氏のブログを紹介させてもらってます。

大人がやっても色々と気づきがあり面白いのでやってみたい方がいれば一連のプロセスを体験できる体験会を行ってもいいですね。

◆ POINTS OF YOU® はなぜ世界中に広まったのか?
https://horano.jp/archives/2695
Google、インテル、イケアなどのグローバル企業の研修でもこのツールは使われています。
海外では企業経営者などをクライアントとするエグゼティブコーチという仕事があります。その経験があるメンバーが本当にコーチングが必要な若者や子供のためにゲームのように楽しくコーチングをするツールを創ったのがスタートです。

◆なぜPOINTS OF YOU®を多くの方に体験してほしいのか
https://horano.jp/archives/1705
ブログで描かれていることは基本的に自分がこのツールを通過う目的と同じです。もう少し自分の言葉にすると、
1.共感や違和感など「感じる」力の大切さ
2.正解がないことを受け容れ自分とは異なる他人の考えを楽しむ大切さ
3. 「考える事=言語化すること」の大切さ・楽しさ

興味ある方向けですが、「自分と POINTS OF YOU® と出会い」です
1.子どもが楽しく内省=振り返りができるツールを探す
自分自身が前職でスマホ事業の構造改革の責任者になった時に、プロのコーチを雇って内省=振り返りを毎月行いながら構造改革を効果的に進めることができた経験から、び場の教育では子どもも内省や振り返りを楽しく効果的に行えるツールを探していました。

2.ネットで POINTS OF YOU®を発見
また同時に新しい教育のロールモデルとしてイスラエルの教育を調査していたときにネットでイスラエルのコーチング手法として出会いました。 POINTS OF YOU® は”感じる→考える→伝える”ことを重視するイスラエルの伝統的な対話型学習方法から着想を得ていると聞いて”覚える(疑わない)→練習する→再現する”という日本の教育スタイルとの違いが面白く「感じる力」を高めるのに良さそうだと思いました。

3.トレーナーの資格を取る
17年1月に近くで体験会があるのが分かったので体験会に参加し、 17年の春にトレーナーの第一歩であるエヴァンジェリストを取得しました。

4.創始者に会う
その後、イスラエルに1人で調査旅行に行った際に創始者に会いました。目的はび場で活用する際のヒントなどを得る為でした。

5.独学独習することを決める
創始者に色々と質問したりしましたが、7歳くらいの子どもの事例はまだ少ないこと、また営業担当のスタッフからマスタートレーナーをしつこく誘われて少し距離をおきたかったので当分は独学・独習で試行錯誤をしながら活用方法をブラッシュアップすることを決心し今に至ります。
※創始者の方は凄く親身に相談に乗ってくれましたしとても素敵な方でした。

関連記事

  1. 参考情報:ドラマ教育について

  2. 参考情報:気になる本が見つかるサイト

  3. 5/13の参考情報

  4. 参考情報:中原先生のブログより

  5. 参考情報:ドラマ教育の系譜②

  6. 参考情報:書評 Learn Better (1/4) 価値・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP